ハイキング部会

  5月26日(日)、飯能ツーデーマーチ報告

飯能ツーデーマーチは、平成15年に第1回大会が開催され、今回で17回を迎える2日間開催のウォーキング大会です。奥武蔵の新緑と渓流を楽しみながら歩く、というのがこの大会のテーマです。20キロコースは、東飯能駅近くの飯能市役所をスタート地点として、飯能桜の森、宮沢湖周辺、高麗神社、巾着田などを巡りスタート地点に戻ってくるコースでした。
 5月26日(日)は朝から気温が上昇し、この時期としては記録的な猛暑となりました。菊地アドバイザーが行きの電車の中で、「無理をせず、状況によっては途中リタイアも」というほどでした。参加者は、野田さん、植田さん、菊地さん、田中の4名。各自、暑さ対策はそれなりに準備したものの、完走できるのか不安もよぎるなか、午前8時30分にスタート。途中昼食を含めて何回かの休憩をはさんで、午後2時10分頃にゴール、全員無事に20キロを完歩しました。
スタートしてすぐに、飯能桜の森に到着、ここは新緑の木々とヒノキの薫りが漂うまさに森林浴が味わえるポイントで、涼しさを感じるほどで気持ちよく通過しました。20キロコース全般を通じて、日陰にさしかかると一服できて猛暑を避けることができましたが、後半はアスファルト道路がメインで直射日光を受け、相当な暑さを感じながら歩きました。
彼岸花群生で知られる巾着田、スタート地点から最遠地点の高麗神社を通り、高麗川駅を通過したポイントで昼食をとり、後半はただただ炎天下の下を歩き続け、無事に飯能市役所ゴール地点に辿りつきました。
                                             記:田中