幹事会報告

       2018年「懇親忘年会」を12月8日に開催しました

年末恒例の、志木稲門会忘年会を志木駅近くの「パズー」で開催しました。32名の会員と3名の現役応援部員が参集しました。
 司会進行は梅木さん。一ノ倉会長の開会挨拶と川島副会長の乾杯挨拶から会が始まりました。また、志木市より「文化功労感謝状」を受賞されたばかりの会長の報告ご挨拶がありました。続いて、今年の行事と活動を写真で振り返る映像が上映され、次に各部会の担当幹事から来年の活動予定について報告がありました。今年、印象に残る出来事について数人の方々からお話をいただき、実際の経験から得た健康や病気に対するアドバイスなどの話などに聞き入りました。おなじみのビンゴゲームで盛り上がったあと、応援部による校歌・応援指導が行われ、高齢会員が指導を受けましたが、体の動きがついていかず四苦八苦という結果に。最後に都の西北を全員で歌い、大盛況のうちに閉会しました。