志木稲門会へようこそ


志木稲門会は、志木市に在住または在職する早稲田大学卒業生および関係者の親睦会です。
早稲田大学の卒業生の団体を稲門会(とうもんかい)と呼びます。稲門会は、早稲田大学の卒業生
の交流会で、専門、世代、性別を越えて共に語り合い、共感し合い、時に酒を飲み交わし、あるいは議論しあえる会です。志木稲門会は2010年9月に早稲田大学学友会に届け出を行って、地域で
同窓会活動を行うことができる登録稲門会として認められました。
私たちの住む志木市は、埼玉県南西部に位置し、水と緑、人と自然が調和した街です。志木の
中心を流れる新河岸川(しんがしがわ)と柳瀬川(やなせがわ)、そして東を流れる荒川、この
本の川が志木のシンボルとなっています。
志木は、都心まで20分という好立地から東京圏のベッドタウンとなっています。会は、2010年9月25日時点の会員数110名で発足しました。2018年1月段階では120名です。

今後も、志木市在住の早稲田大学卒業生および在籍された方々の入会を心からお待ちしております。皆で声高らかに、都の西北を歌いましょう。


           会長ご挨拶

                             
                             志木稲門会 会長 一ノ倉 達也
私共、早稲田大学校友会埼玉県支部志木稲門会は、平成22年(2010年)9月25日(土)に志木駅南口のベルセゾンで行なった設立総会をもって発足しました。
以来7回の定期総会を行ない、本年4月から第9期目の年度に入ります。
柳瀬川と新河岸川で台地と低地に分けられ、西南部の台地は武蔵野台地に繋がり、東北部の低地は東を荒川の流れで囲まれ、水と緑の中、人と自然が古来より共生してきたこの歴史豊かなまち、志木。同じ稲門を出て、年代こそ違え、「同じ釜の飯を食ってきた」仲間が共に集い、語り、笑い、飲み、唄い、遊び、相互に親睦を図って、母校と校友会の発展に協力しながら、併せて志木市の社会的・文化的向上にも寄与していこうと立ち上げたこの会も、着実に、歩を進めて参りました。各部会の活動報告をご覧の通り、その設立の主旨に沿って、夫々の担当幹事が中心になって、幾つもの企画をたて、日程に基づいて、参加者が集まって、賑やかに活動を行なっております。志木市の人口は75,000人強, 大学本部のデータによると、市内に居る校友は700人超えとか。今後も、益々大勢の校友が、当会の会員になって、時間の許す範囲で、諸活動にご参加戴きたいと願っております。それにより、当会も更に発展をしていくと信じてやみません。

 

            最新の活動報告

» 続きを読む